PathPort - 込めた思い
病理医がくつろげる港のような場
A port for pathologists
どこへでも携帯可能な病理
Portable pathology
どこでもを可能にするパスポートの様な存在

"どこでも" で、希望を創る!
 「これコンサルトした方がいいかな?」
 「他に必要な染色があるかな。。。」
 「◯◯だとは思うが,それでよいのか?」
 「念の為,誰かに見てもらいたい」
 「やはり大学院に行くべきか?」
 「女性医師の働き方って,他の施設ではどんな感じだろう?」


・・・

そんな時,身近にいて,ちょっと標本を見てくれたり,相談にのってくれたりする先輩や同僚のような人がいてくれたら。。。

そんな気持ちに応えようというのが,本プロジェクトの主旨であり原点です。そして,それを「PathPortどこでも病理ラボ(通称"どこラボP")」という"仮想病理診断室"/"仮想病理医局"で現実のかたちにしました。これなら、全国どこで働いていようが関係なく集まって情報交換できます。

病理情報も,それぞれの領域で膨れ上がってきており,一人で全ての領域の病理診断を等しくカバーすることは,事実上困難になってきています。

だから,若手病理医はもちろん,ある分野の専門家も,他の分野で自分が困った時には,気楽に皆に問いかけられる場があるとよいとも思います。

そういう相互支援(お互い様)の心は,これからの地域の病理医支援や,次世代を担う病理医の育成にも,ますます重要になってくると思うのです。

また,時にはふと立ち止まって病理像について深め合ったり,興味ある病変を見せ合いっこしたり,(最近めっきり減っている)純粋に"病理像/病理診断"で盛り上がれる場にもなったらいいと思います。

さらに、施設を越えて、病理医の働き方や将来のことなども、雑談的にでも情報交換できる場になればよいなあ,と夢は広がります!

こんな本プロジェクトの主旨をご理解いただける病理医のみなさまのご入会,ご支援をお待ちしています。
オンラインでの
手軽な病理診断の相談
● どこでも病理ラボでは,PidPortシステム(メドメイン社)用いることにより,相談したい症例のwhole slide image(WSI)を「症例供覧室」にアップロードして意見を募ることを可能にしました。

● サポート会員は,いつでも自分の都合の良い時間にそれを閲覧することができ,意見を書き込んだり,場合によってはチャットの様なやりとりもできます。
オンラインカンファレンス
"症例供覧室レビュー"
● 「症例供覧室」に提示された症例は難易度も様々で,多くの意見が書き込まれる場合もあれば,意見が出にくい症例もあります。

● そこで,毎週1回,「症例供覧室レビュー」というオンライン・カンファレンスを行い,提示された症例について討論しある程度の決着を付けていきます。

● 難解症例(特殊な免疫染色や遺伝子解析が必要なものを含む)については,より専門的な施設や専門家へのコンサルテーションを促す場合もありますます。

● 垣根の低い(症例を囲んだ雑談会の様な)意見交換の場を目指しています。
ライブレクチャー
&コンサルテーション
● 毎月1回は,各分野の専門家を招いて,病理診断に関するライブレクチャーとコンサルテーションの会を行います。

● ライブコンサルテーションでは,どこでも病理ラボ内の特設サイトに提示された症例について,WSIを供覧しながら,所見の取り方やポイントから専門家に解説してもらいます。

● 単なるレクチャーだけからでは得られにくい,標本観察のポイントも学べます。


©All Right Reserved.PathPortどこでも病理ラボ.
Made on
Tilda