pathport any time & any place
PathPort セミナー
ライブ・コンサル
毎月土曜日の午前中に,専門家を呼んでの定例セミナー,ほか
夏にはサマーインテンシブセミナー,
不定期にキャリア関連セミナー(PathPortキャリア塾)なども行っています。
(注:各セミナーへの参加には原則,会員登録(無料登録あり)が必要です)
肝針生検の病理診断 -免疫関連の肝疾患を中心に-
原田憲一 先生
金沢大学医薬保健研究域医学系 人体病理学 教授
原田先生からのメッセージ
「 総論として肝生検の基本的な見方を紹介し、各論では自己免疫性肝炎,原発性胆汁性胆管炎の非定型例の病理診断のポイントに加え、免疫チェックポイント阻害剤による免疫関連副作用の肝障害、また常に鑑別となる薬物性肝障害の病理所見について解説させて頂きます。先生方の肝病理診断力を高めて頂ければ幸いです。 」

2022.12.10 (土)
10:00-12:00
胎盤病理診断の基本&診断のポイント
南口 早智子先生
京都大学医学部附属病院 病理診断科 准教授
南口先生からのメッセージ
「胎盤は、病理医にとって、あまり興味は湧かず、診断する意味も書くこともわかりにくい臓器です。実は診断すべき内容は単純であり、込み入った知識が必要な臓器ではありません!この講演では、胎盤への苦手意識を克服してもらえるような実用的な内容をお話しできたらと思います。 」
2023.1.14 (土)
10:00-12:00
縦隔・胸腺の病理診断(仮)
比島 恒和先生
がん・感染症センター 都立駒込病院 病理科 部長
ぜひ,お楽しみに!

2023.2.11 (土)
10:00-12:00
唾液腺の病理診断(仮)
長尾 俊孝先生
東京医科大学医学部人体病理学分野 主任教授
ぜひ,お楽しみに!

2023.3.4 (土)
10:00-12:00
病理解剖集中セミナー(仮)
新井 冨生 先生
東京都健康長寿医療センター病理診断科 部長
ぜひ,お楽しみに!

2023.4.22 (土)
10:00-12:00
卵巣腫瘍の病理診断(仮) 開催曜日,時間に注意
前田 大地 先生
金沢大学医薬保健研究域医学系 分子細胞病理学 教授
ぜひ,お楽しみに!

2023.5.24(水)
18:00−20:00
上部消化管粘膜病変の病理診断(仮)
牛久 哲男 先生
東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻病理学講座 教授
ぜひ,お楽しみに!

2023.6.17 (土)
10:00-12:00
過去のセミナー講師
  • 伊古田勇人先生
    群馬大学医学部附属病院病理部・病理診断科・副部長,診療教授

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:脳腫瘍
    2022.8.9.10
  • 田丸 淳一 先生
    埼玉医科大学名誉教授
    埼玉医科大学総合医療センター病理部(病理診断科)客員教授


    リンパ腫の病理診断ーWHO第5版の改定ポイントも含めて
    2022.8.9.10
  • 内田 克典 先生
    三重大学医学部附属病院病理診断科 講師

    前立腺癌病理診断入門 診断のコツと規約改定

    2022.10.8
  • 元井 亨 先生
    がん・感染症センター 都立駒込病院 病理科 医長・東京医科大学 先端核酸医療講座 兼任教授
    日常的に知っておきたい最近の軟部腫瘍の疾患概念の変化

    2022.11.12
  • 田口健一先生
    九州がんセンター病理診断科・部長

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:呼吸器
    2022.8.20
  • 和仁洋治先生
    姫路赤十字病院臨床検査科・部長

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:婦人科
    2022.8.20
  • 平岡伸介先生
    国立がん研究センター中央病院病理科・医長

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:胆膵
    2022.8.20
  • 津山直子先生
    がん研究所病理部・特任研究員

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:リンパ節
    2022.8.20
  • 谷野 美智枝 先生
    旭川医科大学病院 病理部・病理診断科 教授

    最新のガイドラインに基づく間質性肺炎の病理診断
    2022.7.23
  • 大島喜世子先生
    Associate Professor, Director, Clinical Hepatic Pathology,
    Johns Hopkins University School of Medicine


    誰も話さなかった本当の米国病理医事情
    2022.8.13
  • Jeremy Pulvers先生
    Sydney, Australia

    基礎研究者から病理医へ−キャリアの分岐点とオーストラリア病理医事情
    2022.8.13
  • 河田浩敏先生
    自治医科大学病理学・病理診断部 准教授

    臨床対応の分岐点を知る:各臓器の重要病変と診断報告(含 術中迅速)のポイント:総論
    2022.8.20
  • 中澤 温子先生
    埼玉県立小児医療センター臨床研究部 部長

    それほど希少でない小児疾患の病理
    2022.2.12
  • 高澤 豊 先生
    虎の門病院 病理部・病理診断科 部長

    病理医が知っておくべき病理解剖のポイント
    2022.4.23
  • 黒住 昌史先生
    亀田総合病院 乳腺科乳腺病理部長・臨床病理科部長
    乳腺腫瘍のWHO分類第5版に沿った病理診断のポイント

    022.5.14
  • 大林 千穂先生
    神鋼記念病院 病理センター長
    前 奈良県立医科大学病理診断学講座 教授
    肺癌の病理診断
    2022.6.25
  • 畠山 金太先生
    国立循環器病研究センター病院病理部 部長

    循環器の病理:総論
    2021.11.6
  • 山下 倫史 先生
    Assistant Professor of Pathology, Renal Pathology, Cedars-Sinai Medical Center

    腎生検標本の診かたー病態を考えながら、形態学的所見を記載する
    2021.12.11
  • 泉 美貴 先生
    昭和大学医学教育学講座 教授

    SCCと誤認してはいけない表皮系病変
    2022.1.15
  • 増井 憲太先生
    東京女子医科大学医学部 病理学講座
    人体病理学・病態神経科学分野 准教授


    分子診断時代の脳腫瘍病理の診かた
    ~グリオーマ診断のエッセンス~

    2022.2.19
  • 二村 聡 先生
    福岡大学筑紫病院 病理部 教授・診療部長

    胃病変の生検病理診断のポイントー基本と注意点
    2021.10.9
  • 真鍋 俊明 先生
    京都大学名誉教授

    (特別企画)病理診断学:2021年までの歴史と近未来像
    2021.10.23
  • 向井 清 先生
    慶応義塾大学医学部客員教授(病理学)

    (特別企画)病理診断についての病理学的考察;資質, 能力, 経験
    2021.10.23
  • 福嶋 敬宜 先生
    自治医科大学医学部病理学・病理診断部 教授

    (特別企画)Prof. Rudolf Virchowの人物像と彼が残したもの
    2021.10.23
  • 三浦 圭子 先生
    東京医科歯科大学・診断病理学 特任助教

    非腫瘍性病変の病理診断:皮膚
    2021.8.28
  • 中村 直哉 先生
    東海大学医学部基盤診療学系病理診断学 教授

    非腫瘍性病変の病理診断:リンパ節
    2021.8.28
  • 池村 雅子 先生
    東京大学医学部総合医学のためのCPC教育推進室 講師

    非腫瘍性病変の病理診断:脳
    2021.8.28
  • 能登原 憲司 先生
    倉敷中央病院 病理診断科 主任部長

    EUS-FNB時代の膵病理:
    生検診断のコツとピットフォール
    2021.9.11
  • 笹島 ゆう子 先生
    帝京大学病院 病理診断科 教授・部長

    子宮頸部・内膜生検の基礎と実践;迷ったときに役立つポイント
    2021.7.10
  • 伴 慎一 先生
    獨協医科大学埼玉医療センター 病理診断科 教授

    非腫瘍性病変の病理診断:消化器
    2021.8.28
  • 河端 美則 先生
    埼玉県立循環器・呼吸器病センター病理診断科

    非腫瘍性病変の病理診断:呼吸器
    2021.8.28
  • 本田 一穂 先生
    昭和大学医学部解剖学講座顕微解剖学部門 教授

    非腫瘍性病変の病理診断:腎臓
    2021.8.28
  • 飯塚 統 先生
    メドメイン株式会社 代表取締役

    病理診断分野におけるAI技術の最新情報
    2021.4.17
  • 伊藤 智雄 先生
    神戸大学医学部附属病院病理部・病理診断科 教授

    病理未来予想図〜情報発信が作る新しい病理
    2021.5.15
  • 福岡 順也 先生
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 教授

    デジタルパソロジーと人工知能で輝く病理の未来
    2021.5.15
  • 長嶋 洋治 先生
    東京女子医科大学病理診断学 教授

    稀少組織型を見逃さない 腎癌組織型診断:免疫染色でどこまでいけるか

    2021.6.12
連絡先
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
 自治医科大学附属病院 病理診断科内
 一般社団法人PathPortどこでも病理ラボ事務局

©All Right Reserved.一般社団法人PathPortどこでも病理ラボ.
Made on
Tilda